プレミアムウォーターの水はおいしい

ウォーターサーバーは天然水のものとRO水のものがありますが私は断然、天然水がおすすめです。
お水がおいしいし、飲んで幸せな気持ちになれます。

その中でも特におすすめはプレミアムウォーターです。


プレミアムウォーター








なぜプレミアムウォーターがおすすめかと言うと天然水のウォーターサーバーはいくつかありますが、プレミアムウォーターのお水は非加熱処理だからです。

ある意味、本当の天然水です。
誰が飲んでもおいと感じるはずです。

プレミアムウォーターの採水地は何種類かあり、それぞれ成分、硬度が少しずつ違い、どれにするかある程度選べますが、硬度40〜60くらいが理想的です。
(あまり、硬度が低いと味のないお水になってしまいます。高すぎると赤ちゃんのミルクに向かないと言われます。)


非加熱処理の水はどうしておいしいかというと溶存酸素(水に溶けている酸素)や炭酸ガスがちゃんと残っているからです。

溶存酸素とは水中に溶解している分子状の酸素のことで、自然界ではきれいな水ほど溶存酸素が多く含まれています。
(溶存酸素が多く含まれている水は、甘くおいしく感じます。)


また逆に溶存酸素が含まれない水は死んだ水とも言われる事もあり、文字通りその水では魚介類は生きられません。



非加熱天然水には炭酸ガス(酸化炭素)も含まれていますがこれも水をおいしくしている成分です。

炭酸ガスが含まれる水は炭酸飲料を想像してもらえばわかる通り、スッキリとした爽やかな味がします。
炭酸飲料ほど大量に炭酸ガスが含まれているわけではないのでピりっときたりはしません。
なんとなくスッキリ爽やかな味がする程度です。


そんな溶存酸素や炭酸ガスもしっかり残している為、非加熱天然水は山奥のきれいな湧き水に最も近いお水なのです。

特に冷やしてそのまま飲むとおいしいです。


プレミアムウォーターはおいしいだけではなく安全衛生面にもこだわっている点もおすすめできるポイントとなります。


本来は山奥にでも行かなければ飲めないお水が自宅でいつでも味わえるなんて、考えてみるとすごい贅沢な事ですよね。


プレミアムウォーターの料金

天然水ウォーターサーバーの人気トップ3の料金が下記です。

プレミアムウォーター3年パック(サーバー無料タイプ)・・・3,974円
フレシャスウォーター(デュオ=サーバー無料タイプ)・・・3,860円
コスモウォーター・・・4,104円


プレミアムウォーター、コスモウォーター、フレシャスウォーターは料金的に拮抗してますね。


プレミアムウォーターはさらに「PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ」という割引システムがあり、これはお申込時に妊婦又は5歳以下のお子様がいるご家庭の方に限り1セット3,283円(税込)となります。
※母子手帳又はお子様の健康保険証の写しが必要となります。



プレミアムウォーター







一気に700円近くも安くなるというわけですが、ちょっと落とし穴があり、この「PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ」はサーバーが有料レンタルタイプの「cado × PREMIUM WATER ウォーターサーバー」に限られるそうです。
ただしレンタル料は本来毎月1,100円のところ550円になるそうです。


つまり、「PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ」ではお水が691円安くなり、サーバーはレンタル料550円かかるという事です。
3年パックで無料サーバーを利用する場合と比べると150円ほど安くなるのみです。

しかし、もともとサーバーを「cado × PREMIUM WATER ウォーターサーバー」が希望の方にとっては大きなコストカットとなります。
そして私的には「PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーター マムクラブ」対象外の方でも「cado × PREMIUM WATER ウォーターサーバー」がおすすめなのです。

なぜかというと無料タイプのウォーターサーバーと比べてデザインが美しいだけの違いではなく、加熱クリーンシステムという機能があるからです。
加熱クリーンシステムとは熱水を定期的にサーバーのタンクに循環させてその熱で雑菌の繁殖を予防する機能です。

生ものである非加熱天然水では特にそういう衛生面の機能を高めたサーバーの方がいいです。
サーバーのタンク内部は自分では掃除できません、水道水の場合は塩素が雑菌の繁殖を抑えてくれますが天然水にはほぼ塩素は含まれていないので、雑菌の繁殖を抑えるシステムは合った方がいいと思います。


消費者は安い方に行ってしまうものなのでウォーターサーバーのメーカーは各社、可能な限り料金を安くして、ギリギリの価格競争をしている様ですので、これ以上の安さを望むのはクオリティの低下を伴う可能性があります。
安いのにも高いのにも訳があるので単純に料金が安いという理由だけで決めるのはおすすめじゃないです。


特に天然水は自然から採取したお水ですから安全衛生面がしっかりしたものである事が大事です。
その意味でも天然水ウォーターサーバーは大手の物を選ぶべきです。

サーバーの種類

プレミアムウォーターのサーバーには何種類かのサーバーがあり、選ぶことができます。

無料のサーバーと有料(月額11,000円)のサーバーがあります。


プレミアムウォーター








有料のウォーターサーバーはデザイン力のある他社に依頼して出来たものです。
美しいデザインとと優れた機能性の融合をコンセプトにしている家電メーカーであるCADOやamadanaのデザインしたものなのでお金がかかっていて有料になってしまうそうです。

という事で有料タイプのサーバーは見た目が美しくかっこいいのですが、それだけではありません。

加熱クリーンシステムという機能が備わっています。
この違いは無視できません。

加熱クリーンシステムとは熱水を定期的にサーバーのタンクに循環させてその熱で雑菌の繁殖を予防する機能です。

非加熱天然水であるプレミアムウォーターは衛生面に万全を期しているとのことですが、更に安全性を高めたサーバーであればより安心です。
サーバーは何年も使うにもかかわらず、タンク内部は自分では掃除できません。
水道水の場合は塩素がタンク内の雑菌の繁殖を抑えてくれますが、天然水には塩素は含まれていないので、雑菌の繁殖を抑えるシステムが必要です。


なので、私的にはレンタル料有料タイプのウォーターサーバーがおすすめです。


前にも書きましたがウォーターサーバーは贅沢品です。
旅行、グルメ、おしゃれ、自分へのご褒美、贅沢にはいろいろな形があると思いますが、天然水ウォーターサーバーはそんな中の1つになると思いますのでインテリアにもなる美しいデザインにお金をかけるのもありだと思います。

同じ料理でも、高価な食器で食べた方がとおいしく感じるようにお水も洗練されたデザインのサーバーで飲む方がよりおいしいかもしれません。




プレミアムウォーターのボトルは、外気が入りにくい独自開発のボトルを使用しており、
しかもウォーターサーバー側もタンクに外気が侵入しない構造となっているので、それに加熱クリーンシステムが加わればかなり安心というわけです。



天然水ウォーターサーバーの選び方

天然水ウォーターサーバーは何社かります。

人気順に並べると下記のような感じです。



プレミアムウォーター

コスモウォーター

フレシャスウォーター

サントリーウォーターサーバー

信濃湧水


その他、基本的にはRO水のメーカーが天然水も扱っているところもあります。



ウォーターサーバーは欲しいけれど、これらのメーカーの内、どこの物にすればいいか判断に迷う方もいると思います。
そんな方はとりあえず上記の中から選べばよいでしょう。


天然水には天然水の扱い方があると思いますので、天然水専門のメーカーがいいと思います。
あとは料金、味、衛生安全面への配慮、補充やメンテ対応の迅速さが選択のポイントです。

それらの点を総合的に判断するとやはり一番のおすすめはプレミアムウォーターになると思います。


お水の味は適度にミネラルが含まれている事と酸素や二酸化炭素が溶け込んでいる物がおいしいとされていますが、その点、非加熱天然水のプレミアムウォーターは一歩有利です。


プレミアムウォーター